忍者ブログ
やる時はやるけどやらない時はとことんやらない。
[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106

長者ヶ崎・COOK&DINE HAYAMA


姉とお蕎麦を堪能した後は何にも予定なし。
姉が「癒されたい、とにかく海行こう」と言ったので、
逗子に向かってドライブしながら海へ♪


主に横浜の海=湘南ってイメージなんですが、
あんな混むしサーファーばっかりの海行ってもね。

あと両サイドに山があるので海もそんな
広がってる感じがしないし私は長者ヶ崎の方が好きです。




人も少ないし、波も緩やかなのでサーファーいないし、
砂もむっちゃ細かくて白いので、水辺は逆に歩きやすいです。

ボートやヨットくらいなので静かですよ♪




ボーっと1時間 海を見ながら。
写真撮ったりお話したり。


あっという間に過ぎていきます。




お天気もよかったので海も綺麗。
整備もしっかりされてるので海も砂浜も湘南より綺麗♪

釣り用具を車に積んどけばよかったなって思いました。




14時で1番太陽が昇っているときだったので、
陽気と強くない風でウトウトし出す姉と私。


お台場の潮は私は合わないようで、
いつも喉やられちゃうのですがここは問題なし♪
マスクも取っていられるのでラクチン♪




この後は、私のお気に入りの場所をもう1つ。
この海きたら次はここでしょ!って場所。

5月の時」も来たのですが「COOK&DINE HAYAMA」さんです。
このお店本当に好きで。来ると幸せな気分になります♪

姉もきっと好きだろうと思って連れてきましたが、
夢中でお店を堪能してました♪


私はここで買い替えのたわしを購入して、
気になっていたストウブ DE GOHANのSサイズを確認。
クリスマスプレゼントに購入することを決意しました!

姉は旦那が好きなスペアリブが安かったので購入。


そして二人して悩んでいたのは、




熱燻のCAMERONS スモーカーのSサイズです。
お値段も4500円とお安いです♪

燻製はだいぶ前から手を出したいな~とは思ってました。
ただ仮にも私の家は賃貸のアパートで都会。
ご近所の目もありますので匂いのキツイものはできません。


洗車で水を使ったりしても言われそうなのに、
ベランダで火を使ったりなんて何言われるか・・・怖い




熱燻、温燻、冷燻の3種類があるんですが、
これは熱燻のタイプになります。

コンロに直に乗せて火を通すのですが、
40分くらいで燻製は完了します。


簡単にいうと
・豚バラに塩コショウをして3日冷蔵庫。
・燻製前に常温に戻しておく。(塩抜きなし)
・チップを入れて40分燻製。
・冷ましてからラップして2時間冷蔵庫。

これでできちゃいます。
熱燻は簡単にできるけど、水分は残っているので
長期保存はできないのですが、それでも
ベーコンなら1ヶ月はイケるそうですよ♪



CAMERONS スモーキングチップ」は2種類で悩みました。
一つ目はオーク。
ブランデーを作っていた樽で作ったチップで、
開けて嗅がせてもらいましたがブランデーの良い香りです♪

私の燻製のイメージでは、桜が1番というイメージでした。
市販品はなんでも桜チップ使用と出ているので。

大量生産&短時間で色を付ける市販品だから
桜チップを使っているそうです。



今回購入したチップはこちらのヒッコリー。
桜チップが強すぎて苦手な私にはこちらの方が好みでした。


このチップは熱燻用にとっても細かくなっています。
普通に見かける棒状の指先サイズでは大きすぎるらしい。
1個でベーコン8回分使えてお値段も600円と安いです。
専用容器に入っているのもいいです♪



姉と相談をして2人ともこれが欲しいけど、
ガッツリやれるのか使用頻度が低くならないか
考えていたのですが、2人して欲しいなら一緒に作ればいいし、
作りたいときに貸し合いっこすればええということで

割り勘で購入しました♪
こちらのお店は楽天市場にも出店されているので、
免許のない姉でもネットで取り寄せできます。
(原付免許に10年かけて11回落ちた姉なので運転させませんが)



燻製器をお会計する前に気が早い私たちは
12/8(土)に1回目の燻製をやることを約束(*´ω`*)


姉の家で開催です♪
とりあえずベーコンをやるそうですw
これで燻製にはまったらちょっとずつ学びながら
チップの種類を増やしていこうと思います。
むっちゃ楽しみ~♪♪

PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne