忍者ブログ
やる時はやるけどやらない時はとことんやらない。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

もみ家の近況報告



(1)父

15年位前に脳梗塞で倒れてから合併症が出ていたが、
1月に父の見えていた右目の光度がなくなり、
「大丈夫だ」と言い張る父を説得して救急車で夜間救急へ。
結局戻ることはなく、ぼやけている程度の視力になる。
(左目はもう完全に見えていない&左半身は麻痺が残っている)

そのことで父だけでは今の環境で暮らすことが困難なので、
区との手続きや準備ができるまで入院してもらっていた。
3月にその病院から脱走。

当時、姉は鬱症状が酷かった為、私が主に仕切っており、
脱走した際の手段、考え方、態度が過去最低だった父を見て
生まれてはじめて父親にガチでキレた。(叔母が止めに入るほどにw)
今まで甘かった親族は(キレない)私がキレたことで、
事の重大さを理解してくれて全面的に私の意見に協力してくれた。

今、父は私に怒られてしょぼくれてます。



(2)姉

父の看病と、父の我儘な態度に振り回されて鬱が再発。
父のことを話すだけで痒みが出たり吐き気が出るほどに・・・
そのため2月から父との接触禁止にしていました。

3月の脱走時にもなるべく関わらせなかったけど、
私がキレたことで父が姉への我儘な要求もしなくなり大人しくなる。

その後、5月から新たに決まった会社で事務を始め、
定期的に人とは接触しすぎない程度にドライブで外に出させたり、
姉の家でのお料理しあいっこや他愛無いお話をしたり。
現在はお出かけもお買い物も普通に行けるようになり
月2~3回はお互い誘いあって遊び、義兄が心配するほどに仲良しですw



(3)飼い主 (今年本厄)

5月上旬 会社始業して間もなくの9時頃、あまりにも体調が悪くて
トイレで休憩してた所 足から力がなくなり一時記憶飛ぶ。

なんとか自席に戻るも力付きぶっ倒れ、救急車で運ばれる。
検査結果は極度の貧血。

貧血の原因を改善するために内科と婦人科へ通院。
婦人科で大きい病院に紹介状書かれる。

大病が発見され、上司と相談して6月中旬に休職を開始。
7月下旬までに3回の入院、2回の手術をして
8月に化学療法なしでの経過観察まで落ち着き、
9月中旬から出社予定です。




完治ではないし、今回の手術で無くなった部分が大きいので
毎日のケアも含めてこれからいろんな病気が出たり、注意したり、
再発や転移の危険性もなくならないので、
自分の中で変わっていくことが多々あるけど頑張っていきます!



(4)次女ラテ

8月23日(木)23時過ぎに夜のシート交換をしてたら
ケージ内で寝ているラテがなかなか起きない。
「ラテ起きて」と体を触ったら冷たくなっていた。

そのまま虹の橋を渡りました。
※写真は5~7年くらい前のものです。




享年13才8ヶ月20日でした。

今年は飼い主の大病のおかげ(?)で例年より5倍近く
ブリーダーさんや姉と会っていた犬たち。
6月、7月は1週間半毎に入院だったためブリーダーさんにきてもらい、
退院後には都度 姉が来て今年は沢山会う機会があった。




人が大好きで沢山抱っこしてもらっていた。
家族に迎えた時からチョコレート&タンという色から
目や耳、腰の病気になりやすいと気を使っていたからか
病気での通院履歴は殆どないという。

1回だけ「目の反応が鈍いから見えてないかも」と言われたことが
あるが、違う先生が来てみたら「見る気がないだけで見えてる」と
いうことがあり、ドキドキ返してくれってなったことはあったw

どうか安らかに虹の橋でもみじと楽しく遊んでね。
もみ家に来てくれてありがとう(´ω`*)



(5)三女そなた

5月に昔からある腫瘍&避妊手術をする予定だったが、
飼い主の度重なる手術&入院生活で延期し続けている。

腫瘍自体は悪性ではなく、ここ5年程でもそんな大きさは
変わっていないため特別早急にというわけではない。
ただタイミング的に9歳になる前にやりたいなっていう所だった。




もみじ、ラテとお姉ちゃん達がいる状態で当時2ヶ月だった
そなたをお迎えしたこともあり、1匹で過ごしたことがない子。

3匹の中でも飼い主&先住犬への依存が高い子のため、
ラテが亡くなった今精神的にくるだろうと予測している。
9月中旬からの会社復帰からの1匹でのお留守番もあり、
今はこれからどうやって過ごさせるかを模索中。

今までの2匹には絶対にしなかった放し飼いをしようか?
そうなった時に防犯カメラの人感センサーが影響してくるので
放し飼いの広さをどこまでにするか?




本厄本領発揮してると思うほどの散々な年を過ごしています。
初詣のおみくじは「凶」でした!!
色々変化が多すぎて、飼い主が鬱になるんじゃね?と思うくらいに
精神的に来ていますが、もともとプラス思考ではあるので、
「なんとかなる」「なったもんはしょうがねぇ」と思って
乗り切っていこうと思います(/・ω・)/

時たま 1人になりたがっている時はほっといてやってくださいw

PR


忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne