忍者ブログ
やる時はやるけどやらない時はとことんやらない。
[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51

北海道旅行 2日目~幸福駅・愛国駅~



沢山お菓子を購入したら、
ちょっと走って廃線の駅に行きます。




もうこの看板でどこにいくか解るね。
向かってるのは幸福駅です。

会社のKさんが以前、幸福駅の切符をお土産に
買ってきてくださったことがありました。




雲からの木漏れ日がとっても綺麗。
なんかお空も東京とは違う感じがしますね。

どこ見ても綺麗な景色なので、
飽きてきちゃうときもありますけどね( ꒪౪꒪)ヘヘヘ




幸福交通公園には無料の駐車場があって、
綺麗なトイレも設置されています。

トイレ等の設備は関東より綺麗だと思いますね北海道!




線路があると絵になるよね~♪
夕陽がいい感じで、写真が映えますな。




幸福駅舎は9月から建替えの為、11月まで立入禁止の予定でした。
私たちが行った9/7は、すでに建替工事の期間で、
本来なら駅舎の周りは囲われ作業足場設置され、
9/9から解体予定でした。


でも、その2週間前に北海道の全域を襲った台風の影響か、
私たちが行った時に工事の着手がされていませんでした。

みんなの(必死さが見える)お札がビッシリ!




駅舎も観れてよかったです♪
売店で行った日の日付を入れてもらった切符を購入。




屋外に設置されてるのに、手入れがちゃんとされていて、
車両はむっちゃ綺麗でした!

中も入れるのですが、
時刻表もそのままで、
今ではもう設置がされていない灰皿や栓抜き。




椅子も設置されているので、
まったり座って電車に乗ってる気分も楽しめます。

荷物掛けもあって昔の車両は、
いろんなものがついていて親切だったんだね。




夕陽がいい感じに鐘の門にかかってきた!
幸福駅舎と鐘がちゃんと入るベストポジションを
見つけたので、そこで待機して撮影 (゚∀゚)♪


自画自賛ですが。。。良い写真が撮れたと思うの!




絵になる場所ですね。
沢山写真を撮りまくって1時間弱いたんではないでしょうかw






幸福駅に来たら、もうひとつ欠かせないのが、
愛国駅ですよね!!




陽が沈んで撮影できるギリギリの時間に到着。
三脚もなにもないので、暗くなったら撮影できない> <

愛国駅のプラットホームも国鉄時代のまんま。
芝生もとっても綺麗に整備されていて、
行った時には丁度芝刈り最中でした。




駅前には古い車掌車が置いてあります。
あまりの錆具合に最初何かとビックリしました!




駅舎の中は記念館になっていて、
当時の帽子や服、切符や道具が沢山あります。




私にはどんなに凄いものなのか解らないけど、
古い切符とか興味はそそられますね。




冬にはブルーシートがかぶされてしまう蒸気機関車。
とってもつやつやしてて綺麗でした。




空がどんよりしてきたのがまた良い感じに♪
大事に管理されているんですね~。

 


すっかり暗くなったので、広尾線はここまで!






この後夕飯を取りに向かったのは、やよい乃湯さん。

最初はオベリベリ温泉に行く予定でしたが、
台風の増水で機械に水がかかり臨時休業。

  

源泉かけ流しなのに、440円で入れるのが嬉しい!
スーパー銭湯なみにお風呂は豊富♪
とっても綺麗で家の近くにあったら嬉しいな。

じっくり身体を休めて、ホカホカ♪


お食事処もとってもしっかりしてる!
メニューも豊富で、味も美味しいです。




帯広名物の豚丼も食べたかったのでミニ丼で。
ここでゆったりして20時頃には出発。





一度GSで初の給油をしてから、ここから60km程走行・・・




帯広から宿泊先の星野リゾートまでは、
下道封鎖されているので、道東自動車道で行きます。

星野リゾートはホテルは営業してるものの、
周りの施設は台風の影響をもろに受けているので、
下道ではいけないし、どこにもいけませんw


あまりにも暗くて、霧も出てきたので
怖いからウトウトしている連れには起きててもらい、
「きゃ~くらすぎ~」と半絶叫で走行。


星野リゾート付近はケムケムで何も見えませんでした。
なんならホテルも見えないくらいに見えません。




釧路から帯広、そしてトマムに大移動。
頑張ったな私_(:3 」∠)_


なんとこの後、頑張ってヘトヘトな私たちに、
思わぬご褒美が待っていたのです!



PR

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne